• Header-kenniscentrum-1.jpg

« バック

回復力のある作物を栽培するには?

BAC-Online-Hoe-zorg-ik-voor-een-weerbaar-gewas.jpg30 dec

栽培者として、作物が病気や伝染病に負けないで欲しいとお考えでしょう。これを実現する方法の1つは、土壌を健康に保つことです。しかし、どうやって土壌を健康に保てば良いでしょうか?土壌はまさに微少生態系です。土壌生物、土壌化学および土壌構造は複雑に相関しています。本記事は数々の具体的なガイドラインを提供するものです。

健康的な土壌とは何でしょうか?

健康的な土壌は無数の異層から成ります。一番上の層には実に様々な種類の有機体が含まれています。この有機体には蠕虫、線虫、バクテリアなどが含まれます。こういった有機体は伝染病や病気を抑制し、汚染物質を分解します。そして土壌を肥えた状態に保ち、作物に十分な栄養を与えつつ、土壌構造を微細かつ砕けやすい状態に維持できるようにします。これを実践しようとするのなら、土壌のことを十分に把握することが大切です。土壌の種類は土質分析にて判定することができます。この分析では、活用できる栄養分、成分および含有されている有機物質量についての洞察を得ることができます。有機物質概要により、有機物の堆積と分解が適切なバランスを保っているかどうか確認することができます。

土壌の健康をどのようにして最適化できるでしょうか?

最も重要なことは、土壌が適切に通気されているよう徹底することです。多くの有機体は生存するのに酸素を必要とします。また、土壌が適切に通気されていると、作物の根が栄養と水分を吸収しやすくなります。さらに、有機物質を付け加えることで土壌の健康を改善することができます。

有機物質は様々な要素の中でも特に水分を保持し、土壌生物にとっては栄養分の源です。結果、土壌が大量の栄養分を含有するのが容易になります。有機物質の例としては、緑肥作物、線虫類、動物性肥料、家畜の排泄物や藁および堆肥が含まれます。追加しようとする物質がご自身の作物に適合することを必ず確認するようにしてください。そうでないと、望み通りの成果が得られなくなる恐れがあります。

また、正しいやり方で開墾することも大切です。有機物質ですが、土地を耕す際になくなってしまう可能性があり、有機体の生息環境が阻害されてしまうことがあります。有機物質や作物残渣を土中に埋めると、分解プロセスが停止してしまいますので、埋めないようにしてください。有機物質は土の表面に散布し、土中に埋めないでください。

BACのサポートは?

土壌の健康についての詳細は、お気軽にお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。また、BAC pH+およびBAC pH-等の土壌改良剤をご用意しています。こういった土壌改良材は、土壌の酸性度の最適化を可能にし、作物が栄養分を吸収するのを容易にします。BACOrganic Bloom を使用して微生物に栄養分を供与することができます。促進剤は、微生物を瞬時に増殖させる効果があります。その結果、作物はより豊かに咲きます。

« バック

Scroll to top